有田焼の陶器や磁器にみられる有田の三右衛門とは

 

有田焼の陶器や磁器にみられる有田の三右衛門とは

有田焼は、佐賀県有田町周辺で焼かれた陶器や磁器の総称で、硬く丈夫で、透明感がある白磁に、藍や赤、黄、金など鮮やかな色が繊細に施されていることが特徴となっています。
そして、この有田焼の陶器は、薄く軽い硝子のような滑らかさの硬質さが魅力で、耐久性が強く、吸収性がないので、食器としての使用に最適ですが、そのほとんどは、陶器ではなく、磁器が主流となっています。
また、有田の三右衛門とは、日本で初の赤絵の技法を用いた柿右衛門様式を開発して一世を風靡した酒井田柿右衛門、また、今もなお、色鍋島の品格を固守している今泉今右衛門、そして、絵付けの柄をインテリアやアクセサリーにまで展開させた源右衛門の三つの窯元のことをいいます。
そして、柿右衛門窯は、柿右衛門様式を現代に伝える由緒ある窯元で、素地の余白を活かした明るく繊細で絵画的な構図を特徴とする色絵磁器は、華麗にして華美であることから、日本はもとより、世界中の人々を魅了し続けています。
また、今右衛門窯は、江戸時代、鍋島藩御用達の赤絵付師として活躍し、その色鍋島の技法が、国の重要文化財に指定されているなど、現在もその技法と伝統を守り続けている今右衛門窯は、格調高い有田焼の陶磁器を産み出しています。
さらに、源右衛門窯では、古伊万里洋式に、独自の現代的なアレンジを施した作風で知られていて、洗練された優美な文様が幅広い層に人気となっています。
このような歴史と品格を兼ね備えた風情ある窯元では、幾多の時代の推移があっても、本物の機能美を追求する姿勢は、今までも、これから先も、脈々と受け継がれていくことでしょう。