代表的な陶器ブランドの一つ美濃焼の歴史

 

代表的な陶器ブランドの一つ美濃焼の歴史

美濃焼は岐阜県の東濃地方といわれる多治見市や土岐市、瑞浪市、可児市などで栄えた陶器です。
この歴史を語るうえで外せないのが瀬戸焼との関係です。
特に多治見市は瀬戸焼発祥の地の愛知県瀬戸市と隣接しており、この界隈は平安時代より須恵器が盛んでした。
美濃や尾張での須恵器は5世紀に朝鮮半島任那を通じて伝来したもので、10世紀前半の醍醐天皇の命により窯がつくられたのが始まります。
美濃側の窯は平安末期より衰退しましたが、瀬戸では鎌倉時代初期に加藤景正により宋の施釉陶器の技法を取り入れた瀬戸焼が確立しました。
戦国時代になると織田信長により茶の湯が武士の間で流行り、その陶器としての茶碗を焼くための多くの職人が瀬戸から多治見や可児に移り、美濃焼が確立されたといわれています。
秀吉の世になると、美濃桃山陶という陶器を生み出し、特に信長、秀吉に使え、千利休の弟子でもある古田織部助が考案した織部好みは、世界中の陶器ファンに愛好されてきました。
同時期の茶人だった志野宗信が美濃の陶工に命じて作らせた志野焼もこのころに誕生したもので、織部焼と志野焼は美濃焼の代表的なブランドになっています。
江戸時代に入ると、大量生産時代を迎え、やがて白くて硬い磁器へと移行していきました。
その後は、国内屈指の陶磁器の生産地となっています。