歴史的に陶器も作られていた九谷焼

 

歴史的に陶器も作られていた九谷焼

石川県の九谷焼は、美しい色彩と緻密な絵柄が特徴の、全国でも有数の磁器として知られています。
九谷は歴史的には17世紀後半に焼かれた古九谷と、19世紀に復興した再興九谷の二種類に分けられます。
文献によれば古九谷は、石川県南部の大聖寺藩の領内にある九谷村で、鉱山開発中に陶石が発見されてから、明暦元年(1655)頃に磁器生産が始まったとされています。
ただしその操業期間は半世紀ほどで、元禄期には廃止されたようです。
石川県では、昭和45年(1970)から発掘調査が行われていますが、古九谷の九谷一・二号窯と再興九谷の吉田屋窯が発見されています。
九谷一・二号窯では、いわゆる登窯で、磁器と共に陶器も生産していました。
現在ある九谷焼は、まるでガラスのように硬い磁器ですが、この頃作られた陶器は、生活用器としての皿や椀、すり鉢などとして使っていたようです。
現代では芸術品として価値の高い九谷焼ですが、現在知られている九谷は、京都の名工青木木米を招き、春日山窯で中国写しを作り始め、さらにおおらかな作品から、きわめて緻密な紋様に至るまで、様々な作品に挑戦することによって、独自の発展を遂げていったのです。
九谷にも陶器があったとは意外ですが、当時の人が日々の生活の中で、様々な憧れを持ちながら技術の向上に励んでいたことが、こうした遺跡からうかがえるのです。