岐阜県の陶器美濃焼の人間国宝について

 

岐阜県の陶器美濃焼の人間国宝について

「美濃焼」とは岐阜県の多治見市・土岐市・瑞浪市・可児市が主な産地である陶器の総称で、特に岐阜県東濃地域は日本最大の陶器の生産拠点です。この美濃焼は人間国宝に認定された陶芸家が多くいます。
荒川豊蔵は昭和時代を代表する陶芸家で、岐阜県の多治見市出身です。安土桃山時代の志野焼に陶芸の原点を求めて、1930年に可児市久々利の大萱で志野の陶片を発見して黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部など様々な種類の美濃焼が美濃で作られていたことを証明しました。1955年の第一次の重要無形文化財指定では「志野」と「瀬戸黒」の保持者に認定されました。
加藤土師萌は瀬戸市生まれで、1961年に国の重要無形文化財である「色絵磁器」の保持者に認定されました。1926年には岐阜県陶磁器試験場に勤務して研究と作陶を行っていました。また、日本だけでなく東洋の陶器に関して高い見識を持っていました。
塚本快示は土岐市生まれで、1983年に国の重要無形文化財である「白磁・青白磁」の保持者に認定されました。戦後に美濃窯の発展に貢献した陶芸デザイナーである日根野作三に教えを受けながら、中国の陶磁器の研究に励みました。1948年頃には古陶磁研究家である小山冨士夫が著した『影青記』に感銘を受けて、自らの技術を更に磨いて制度を高めていきました。