九谷焼の陶器が持つ色彩の特徴

 

九谷焼の陶器が持つ色彩の特徴

日本の様々な地域では、その土地や風土、または歴史的な背景により、様々な伝統工芸が存在しています。
石川県は、こうした数多くの伝統工芸が受け継がれてきた土地で、その種類は非常に多様なものとなっています。
その中でも、特に特徴のあるものが九谷焼の陶器です。
九谷焼で作られた陶器はまずその色彩が非常に独特なもので、釉薬による繊細な上絵が最大の特徴となっています。
色使いは華美なものが多く、また使用する色数も多いため、豪華絢爛な印象が強い陶器となっています。
また、使用される用途も非常に多様で、小鉢や椀、皿といった普段使いのものから、非常に大きな大皿など、飾りとして用いることを前提としたものも多く作られています。
また、狛犬や干支といった様々な動物をモチーフにした造形作品も多く、室内を彩るオブジェとしても非常に効果の高いものとなっています。
最近では比較的若い世代の職人による新たな試みも広く行われており、様々なアーティストや企業などとコラボレーションを行ったユニークな九谷焼も数多く作られ、様々なクリエイティブ業界からの注目を集めています。
窯元では若い世代を対象とした教育機関も充実しており、若手の育成にも力が注がれています。