信楽焼陶器の特徴と特色とは

 

信楽焼陶器の特徴と特色とは

岐阜県信楽町で盛んな焼き物を信楽焼と言います。
この陶器の特徴は独特の釉薬を使用してザラザラとした表面の焼き物をつくり上げることが出来るのです。
釉薬を使用しない場合においては信楽焼の窯の灰を使って独特の色合いを出すことができるので、研究熱心な陶芸家達は、この灰の使用方法を次々と考案して新しい使用方法を見出しています。
陶器に使用する土は、耐火性が高く、また粗い土を使用するのであの独特の肌触りの仕上がりが出来るのが特色とも言えるでしょう。
さて、釉薬を使用する場合、独特の緑色がこの焼き物の特色であると言われますが、アレは釉薬によるものとなっています。
常滑焼は茶褐色の朱泥色の土で知られていますが、この地域の陶器の瓶は珍しい海鼠色の釉薬を使用した瓶が特色となっています。
珍しいことからおみやげ品としても喜ばれ、この瓶を使って梅干しを漬けることができます。
耐火性の高い土の特色を活かして、厚みのある陶器をつくることができます。
信楽のたぬきが有名ですが、狸の置物が作られるようになったのは江戸時代に入ってからのことです。
信楽焼は日本の陶芸の侘び寂びを理解する上でもっとも重要な焼き割を果たしてきた焼き物であります。