狸の置物で有名な陶器「信楽焼」について

 

狸の置物で有名な陶器「信楽焼」について

日本人は、古くから焼き物(陶磁器)を愛する人が多くいました。陶磁器は土を練り固めて焼いたものの総称ですが、使用される原料によって陶器と磁器の二つに大きく分けることが出来ます。
陶器は、土ものとも言われ、陶土と呼ばれる粘土を主原料として使用します。一方、石ものと呼ばれる磁器は、陶石(岩石)を主原料としています。原料の違いによって、焼きあがった陶磁器に違った特徴が現れます。
陶器は、淡い色合いで透明度がなく、多孔性で焼が柔らかいため吸水性が高い特徴があります。通常は釉薬をかけるため、水を通さないようになっています。一方、磁器は、純白職で透明度があり光を通す特徴があります。また、焼きが堅く気孔が少ないので殆ど水を通しません。
例えば、日本の陶磁器に有名な信楽焼があります。信楽焼は、滋賀県甲賀郡信楽を中心に作られる焼き物ですが、この地方は付近の丘陵から良質な陶土が採れるため、古くから陶器を作ってきました。伝統的な技術をもって現在に受け継がれている焼き物です。信楽焼は、狸の置物でご存知の方が多いのではないでしょうか。
この焼き物は、日本六古窯の一つに数えられ、独特な赤みを帯びた発色と自然釉による焦げの味わいが特徴的です。工芸品としての高価なものも多くありますが、日常使いの食器や小物などとして利用される方も多くおられます。