滋賀県の伝統的な陶器「信楽焼」と釉薬

 

滋賀県の伝統的な陶器「信楽焼」と釉薬

滋賀県甲賀郡信楽町一帯で焼かれている焼き物を、総じて信楽焼と呼んでいます。この地方には周囲の丘陵から質の良い陶土が採れ、古くから焼き物が発達してきました。
焼き物(陶磁器)には、使用する原料によって大きく二つのものがあり、信楽焼のように土(陶土)を主原料にしたものを「陶器」と言い、陶石と呼ばれる岩石を主原料とした焼き物を「磁器」と言います。一般的に、陶器は焼きが柔らかく、質が荒い特性があり、吸水性が高いため水が染み込みやすい性質を持っています。ただし、釉薬をかけており水を通さない工夫をしています。独特な温かみのある色合いは、狸の置物などでご存知の方も多いのではないでしょうか。
また、信楽焼は、瀬戸焼(愛知県)、常滑焼(愛知県)、越前焼(福井県)、丹波立杭焼(兵庫県)、備前焼(岡山県)と並んで日本六古窯の一つに数えらます。江戸時代に商業が発展すると茶壷、土鍋、徳利などの陶器が多く生産されるようになりました。また、明治に入るとなまこ釉が開発され火鉢生産が始まり、その後、現在に至るまで、生活に必要な様々なものを生産しています。
近年では、日用陶器だけでなく、建築用タイル、庭園陶器なども手掛け、伝統的な「わび」、「さび」を残しながら、近代的な需要にも対応しています。